全 URBANO アルバーノ V03 V02 V01 L03 L02 L01 スワロフスキー ケース カバー キラキラ スワロ デコ デコケース デコカバー かわいい 上品な大人系 キラキラ デコ電 -ツートーン ネーム入れ(ローズ&ホワイト)- 本革 iPad 本革特集一覧

ネットでギャンブる。-麻雀、カジノ、toto、パチンコetc.-

当サイトは、ネットで楽しめるギャンブルや賭け事の話がメインです。実際にネット上で麻雀、カジノ、totoに挑戦。独自のギャンブル観。人から勝負強いと思われる方法など。

知らないと負け組確定!ギャンブルの還元率一覧

      2016/06/10

かなり寒くなってきましたねー。寒い時は家でぬくぬくしたいところですが、ギャンブラーとしてはヌクヌク感よりもワクワク感を味わいたいところです(`・ω・´)

今回は初回の記事ということで、ギャンブルをする上で基本的に備えておくべき知識である『還元率』についておさらいしておきましょう。

 

2016春最新全 URBANO アルバーノ V03 V02 V01 L03 L02 L01 スワロフスキー ケース カバー キラキラ スワロ デコ デコケース デコカバー かわいい 上品な大人系 キラキラ デコ電 -ツートーン ネーム入れ(ローズ&ホワイト)- 本革 iPad 本革

ギャンブルの種別 還元率 課税
宝くじ 45.7% ナシ
サッカーくじ(toto,totoBIG) 49.6% ナシ
オートレース・競輪・競艇・競馬 約75% 年間50万円以上課税対象
フリー麻雀 約80% 年間50万円以上課税対象
パチンコ/パチスロ 約85% ナシ
ブックメーカー 約95% 年間50万円以上課税対象
オンラインカジノ 約97% 年間50万円以上課税対象
デイトレード 99% 年間50万円以上課税対象

 

主要なギャンブルの還元率は、こんなところです。

 

「じゃあ宝くじなんて買う価値ないじゃん!」
「宝くじ買ってる奴は負け組だな」

 

って思ってしまいがちですが、そんな単純な話ではないと私は思っています。『還元率』という形で数値化してまうと上記のような結果になりますが、それぞれのギャンブルに特徴があるので見ていきます。

 

 

2016春最新全 URBANO アルバーノ V03 V02 V01 L03 L02 L01 スワロフスキー ケース カバー キラキラ スワロ デコ デコケース デコカバー かわいい 上品な大人系 キラキラ デコ電 -ツートーン ネーム入れ(ローズ&ホワイト)- 本革 iPad 本革

 還元率45.7%という、圧倒的な低還元率を誇るギャンブル『宝くじ』。ただ個人的には、宝くじはほかのギャンブルとは一線を画した存在だと認識しています。では何がほかのギャンブルとは違うのか、その特徴をメリット・デメリットで見ていきましょう。

 

■メリット

・300円が10億円になるかもしれないという夢が見られる

・生活費を切り崩してまでお金を突っ込むことは無い

・安いもので100円~購入出来る為、財布に優しい

 

■デメリット

・還元率が示す通り、基本的には負ける。

・結果がすぐには出ないために、当選しても気付かない

 

 

宝くじって、夢を見たくて買っている人がほとんどですよね。ギャンブルではないです。私もそうですが、ギャンブラーは宝くじを買いません。なぜなら、ギャンブラーは夢を見ないからです。夢を見るギャンブラーは勝てません。

今ギャンブルで勝てていなくて、どうにかして勝ちたいと思っている人がいるなら、まずは「夢を見ることをやめる」=「宝くじを買うことをやめる」のが第一歩です。

宝くじを1枚買うことは、機械割45%のスロットを5回転させることと同じです※この意味が理解出来ない人はギャンブラーの思考回路ではありませんので、ギャンブルでお金を稼ぐということは諦めて下さい。

 

散々言ってしまいましたが、大きな夢を見ることが出来る宝くじは宝くじでアリだと思います。私は買っていませんが。

 

 

 

サッカーくじ(toto,totoBIG) 還元率49.6%

toto、totoBIGは性質が全く異なります。totoBIGは勝敗予想がランダムで選択される為に技術や知識介入の余地がなく、通常の宝くじと同じ扱いになります。『最高6億円宝くじ』という有名なフレーズはこのtotoBIGのもので、毎週のようにキャリーオーバーが起きているのもこのtotoBIGです。

 

というわけなので、ここではtotoに関してのメリット・デメリットを見ていきますが、簡単にtotoについて説明します。

totoとは・・・リアルで行われているサッカーの試合結果に連動したギャンブルで、Jリーグの開催にあわせて行われている。基本的なルールとしては、 、特定の試合の勝敗予想をして、当たれば賞金が貰える。2015年11月よりイングランドのプレミアリーグと、ドイツのブンデスリーガも対象になったことで、1年中買うことが可能に。W杯やチャンピオンズリーグなどの特別開催もある。

 

■メリット

・サッカーに詳しければ当選確率は上がる

・宝くじと比べると考える余地が生まれる為に楽しめる&当たりやすい

 

■デメリット

・1試合単位で勝敗予想することが出来ない

・還元率が悪い割に大きな配当も出にくい(totoBIGを除く)

 

 

totoBIGは宝くじとシステムが変わらない為ギャンブルとは言い難いですが、totoにはギャンブルの要素が加わっています。試合結果を予想するには過去のデータを分析する必要があり、それは他のギャンブルにも通じています。

ただし、totoはギャンブルとしてではなくサッカー観戦が趣味の人にオススメします。理由は単純で、ギャンブルとして見ると還元率が圧倒的に低いためです。totoで稼ごうと思うと負け組街道まっしぐらです。

totoは、サッカー観戦をより楽しくするためのツールとしては非常に優れていると思います。

 

 

 

オートレース・競輪・競艇・競馬 還元率75%

オートレース、競輪、競艇、競馬は全て国が運営する「公営競技」です。国の財源確保の為の運営ですので、還元率は75%と、ギャンブルとしてはかなり低い設定になっています。

 

■メリット

・国営であることの安心感(賞金の未払いなど)

・100円から参加出来る為「お馬さん好き」な子供や女子も気軽に行くことが出来、デートスポットなどとしても機能している。

 

■デメリット

・ギャンブルとしては還元率が低すぎる

 

 

ここで疑問が浮かびませんか?基本的にに日本ではギャンブルを認めていません。そんな日本国が、自らの手で公営競技(国が運営している賭場)を主催しているんですよね。それを可能にしているのは、「国の財源確保」という絶対命題を背負っている為です。競馬関連のテレビ番組がやけに多いのも色々な事情がありそうなものです。

しかしそんな公営競技も、1990年代中頃をピークに売上が下がり続けていて、存続の危機を迎えているようです。最近の若い人は競馬とか競輪とかしませんもんね。還元率が悪いことも知られちゃってますし。「じゃあパチンコ打つよ」って感じですね。

 

私の中では公営競技場はテーマパークのような位置付けです。見る分には楽しいですが、「ギャンブルするぞっ!」って意気込んで行くことはありません。着順予想もかなり難しいです。(特に競馬は対象が動物なので^^;)

100円から賭けることが出来る為、おっちゃんの暇つぶし場所としては最適です。

 

 

 

フリー麻雀 還元率約80%

麻雀は、紛れもなくギャンブルです。中にはお金を賭けずに麻雀をドンジャラのように楽しむ連中も居るようですが、お金を賭けない麻雀は麻雀ではありません。お金が賭かっているというプレッシャーの中での心理戦が麻雀の真骨頂です。

還元率に関してはウマや場代などの条件により前後ありますが、概ね80%前後です(自宅で手積みで打つ場合は、還元率100%です。)

 

■メリット

・技術や知識の介入の余地が大きい為、場数を踏み学び続けることで実質の還元率は上がっていく

・1半荘(1ゲーム)に1時間弱を要するため、短時間で大きく負けるということが少ない(常識はずれのレートの場合を除く)

 

■デメリット

・逆にギャンブル特有の楽しみでもある「ラッキー」の要素が殆どない

・人対人のため、相手との力関係が大きく影響する(変な奴とあたることもある)

 

 

私は個人的に麻雀が大好きです。仲間内で集まって雀荘に行くこともありますし、フリーで打つこともあります。麻雀は唯一、対面している人間との心理戦を楽しむことが出来るギャンブルです。特にフリー麻雀での緊張感というのはたまりません。「この人はどういう性格か?」「好きな手役は何か?」といったことを考えながらも、自分のことを相手に知られないようにする。すごく奥が深いゲームです。

てなわけで、私の中では麻雀は「稼ぐためのギャンブル」ではなく、「ギャンブルを楽しむためのギャンブル」といった所ですかね。

 

因みに、オンライン麻雀はリアルのフリー麻雀と比べると場代が安い場合が多く、オンライン麻雀大手のDORA麻雀なんかでは還元率は約95%ほどあるとも言われています。ただし、オンライン麻雀では顔の表情や手の動きなどは見れない麻雀特有の緊張感や心理戦といったものは楽しめないです。

オンライン麻雀の優れている点としては、
①24時間参加出来る
②レベルの低い相手が多く勝ちやすい
③リアルの麻雀よりもハイペース
④フリー麻雀よりも還元率が良い
⑤少しの資金でも賭け麻雀に参加出来る

などが挙げられます。稼ぐためのギャンブルとしては、オンライン麻雀をオススメします。

 

 

 

パチンコ・パチスロ 還元率約85%

パチンコ・パチスロはギャンブルの代名詞ですね。いわゆる射幸心ってやつを最も煽られるギャンブルです。パチンコ・パチスロはギャンブラーであれば一度は通った道だと思います。負けている人が多いように感じますが、意外と還元率はそこまで低くありません。

だたし、他のギャンブルと比べると投資額が大きくなりがちであるという点や、大して知識や技術を学ぼうとしないままひたすら通い続け、ひたすら負け続けるという人が多いのも特徴です。特に年配の方にその傾向が強く、暇つぶしとしてパチンコを楽しんでいる人が殆どです。

 

■メリット

・割とどこにでもある

・年中無休である

・知識がなくても楽しめる

・知識や技術介入の余地があるため、ストイックになれば勝てる

・イベントや新台入荷日など、わかりやすく勝ちやすい日がある

 

■デメリット

・「プロ」の存在があるため、本当に良い台にはなかなか座れない

・店や台によって還元率はまちまちであるため、勝つには事前調査や知識が必要

・自分を律する力が無いとドツボにはまっていく

 

何を隠そう、私自身パチンコ屋の社員として働いている時期があったため、パチンコ業界やパチンコの裏側はかなり知っているつもりです。※何か知りたいことがあればコメントでどうぞ。

パチンコ・スロットは、ギャンブルとしては割と勝ちやすい部類に入ります。ただし、しっかり勝ちに行っている場合に限ります。データも見ず、釘も見ず、店の様子も見ずになんとなく座って売っている人は、負け組です。そういう打ち方をしていては、時折大勝ちしたりすることもありますが、トータルで見れば100%負けます。

 

パチンコ・スロットを打つ人でお金を稼ぎたい人は、必ず収支表をつけて下さい。

収支表をつけていなくて、これまでの収支がトントンだなと感じている人は99%負け越しています。人間の心理の話になるのでここでは省きますが、とにかく収支表を付けてみてください。

 

先程も言いましたが、パチンコ・パチスロは勝とうと思えば比較的に勝ちやすいギャンブルであると言えます。パチンコ・パチスロの勝ち方、勝つためのメンタリティに関してはまた別の記事でお話したいと思います。

ブックメーカー 還元率約95%

この辺りから本格的に「稼ぐためだけにやるギャンブル」になってきます。私が今最もハマっていて最も勝っているのがブックメーカーですので、当ブログでもブックメーカーの記事が多くなるかもしれません。

 

■メリット

・競馬、サッカー、テニス、バスケ、ゴルフ、ビリヤード、ボクシングetc.と、賭けの対象が豊富

・人より詳しいスポーツがあれば割と勝ちやすい

・1試合から賭けられるため勝ちやすい

・知識や技術介入の余地があるため、ストイックになれば勝てる

・イベントや新台入荷日など、わかりやすく勝ちやすい日がある

 

■デメリット

・結局は予測の範囲でしか賭けることが出来ない

・賭けてから結果が出るまでに時間がかかる為、その間はソワソワする

 

私自身今最もハマっていて、最も稼ぎやすいと感じているのがこのブックメーカーです。賭けの対象がもの凄く多いために、何か詳しいスポーツや分野があれば、高確率で稼ぐことが出来ます。個人的にはNBA(National Basketball Association)に詳しいため、NBAの予想で賭けています。平均すると一日約3,000円の利益を出しています。

安定して勝ち続けるためには自分の感覚に頼るだけでなく、データを取りつつ勝率を高めていくことが重要です。勝ち続けるギャンブラーは向上心を忘れません。常に検証と証明を繰り返します。

 

ウィリアムヒルでスポーツを賭ける!完全日本語マニュアル

 

 

オンラインカジノ 還元率約97%

日本でもカジノが出来るだの出来ないだのといった論議が継続中ですね。日本人にとってはカジノはあまり馴染みがないですが、パチンコ・パチスロが生活に馴染んでいる日本において、

、カジノだけが特別扱いされ導入が見送られているという状況が逆に理解しがたいと個人的には思っています。

そんな日本でも本格的なカジノに参加できるのが、このオンラインカジノ。還元率は97%と、やり方次第ではかなり稼ぎやすいです。

 

■メリット

・ネット環境さえあればいつでもどこでも参加が可能

・低額(1¢=1円)からの勝負が可能

 

■デメリット

・あまり馴染みがない為、ルールを学ぶ必要がある。適当にやっていては勝てない。

・ギャンブル依存のリスク

・カードから引き出しオンラインカジノ上でチップとして使うため、「お金を賭けている」という感覚がなくなる。

 

馴染みのない我々日本人からすると『カジノ』と聞くと『セレブのお遊び』ってイメージかと思います。実際に”リアルカジノ”は観光地に隣接していることが多く、セレブの遊び場と化しているのもまた事実です。しかし、オンラインカジノは違います。最低で1¢(約1円)からプレイすることが可能です。

オンラインカジノも通常のカジノと同様多くのゲームが楽しめます。ルーレット・バカラ・ブラックジャック・ポーカー・スロットなどがあります。一通り全てやってみて自分の得意なゲームを見つけてから、その一つのゲームを極めることでより勝率が上がり、稼ぐことが出来るようになります。

ルーレットやスロット、バカラなんかは完全に『運ゲー』ですので、確実に稼ぎたい場合はブラックジャックやポーカーを勉強することがオススメです。

 

 

デイトレード 還元率約99%

デイトレードはギャンブルです。売買手数料としての約1%を除き 、売り値と買い値が同額である上に人間同士のやり取りであるという特徴を持つのがデイトレードです。

還元率99%と聞くと、「誰にでも勝てるんじゃないか?」という幻想を抱きガチですが、初心者が気安く手を出すと痛い目にあう確率も99%です。

デイトレードの世界には一部の莫大な資金力を持つデイトレーダーが存在しています。庶民デイトレーダーは彼らの手のひらで転がされているのです。

 

■メリット

・短時間での爆発力が魅力で、ものの1分もあれば資金を何倍にもすることが可能

・知識や経験を積むことで勝率を上げることが可能

 

■デメリット

・ある程度のまとまったお金(最低でも10万円程度)がないと勝負にならない

・資金力に加え、かなり高度な知識、経験、テクニックが必要

・日本市場では平日の9時~15時しか売買をすることができない

 

『対コンピューターでの還元率』と、『対人での還元率』は本質的に全く異なります。

 

◎対コンピューターでの還元率とは・・・

宝くじ・競馬競輪オートレース競艇・パチンコ・ブックメーカー・オンラインカジノ(ルーレット・スロット・バカラ)などは、対コンピューターでの還元率です。対コンピューターでの還元率はゲーム参加型ではなく客観的な視点でのギャンブル参加になります。このタイプのギャンブルは運の要素が非常に強く、いわゆるビギナーズラックのような出来事が起こりやすいのが特徴です。

 

◎対人での還元率とは・・・

フリー麻雀・オンラインカジノ(ポーカー・ブラックジャック)・デイトレードなどは、対人での還元率です。対人での還元率は相手が人間である為に、ギャンブラー自身の実力(ギャンブラー同士の実力差)が大きく結果に影響します。特にデイトレードにおいては一部の金満デイトレーダーが多くの利益を得ている一方で、大半の庶民デイトレーダーはなかなか勝つことが出来ずに退散してしまいます。『還元率=勝ちやすさ』では全く無いということを頭に入れる必要があります。

 

 

ギャンブルの還元率まとめ

今回はギャンブルの基本である、『還元率』について見てみました。先程もお伝えしたように、『還元率=勝ちやすさ』という認識は間違っています。自分の性格、知識、経験、資金状況、ギャンブルをする目的などでどのギャンブルに参加するのかを取捨選択する必要があります。特に大事なのは、ギャンブルをする目的です。言い変えると、目的を持ってギャンブルをすべきだということです。

 

「僅かな資金で夢のような大金を得たい」という人は宝くじを買う。

「限りある資金の中でお小遣いを稼ぎたい」という人は、ブックメーカーで確実に結果が見えているような試合(バイエルンvsホッフェンハイムなど)のみに1,000円程度賭けたり、閉店間際に設定5or6確実のジャグラーを2,000円だけ打つ。

「資金に限りはないからギャンブル特有のドキドキ感を味わいたい」という人は、競馬や競艇なんかで大金をブチ込む。

 

 

ただ我武者羅にお金をつぎ込むだけでは養分になって終わりです。目的を持ち、頭で考えてギャンブルに打ち込むことで勝率を上げることも出来ますし、勝ち方を覚えることで負け組ギャブラーから脱却し、ワンランク上の生活を手に入れることが出来ます。

 

 

大事なポイントなので、最後にもう一度まとめます。

還元率とは、胴元(そのギャンブルを主催している団体)にギャンブル参加費として賭け金の何割持っていかれるのかという部分を考慮し数値化したものに過ぎません(100%-還元率%=参加費%)還元率が高ければ勝ちやすいのかというとそうではありませんし、還元率が低くても勝つ人は勝ちます。

ギャンブルで安定して稼ぐためには「どれだけ考えて行動しているか」「どれだけそのギャンブルについて勉強したか」「どれだけ自分をコントロールすることが出来るか」「どれだけ運を持っているか」といったような点が、より重要になってきます。

その上で還元率を参考にするのは大事なことですが、還元率が良いからといって何の知識もない状態でデイトレードの世界に足を踏み入れれば、99%負けます。

 

 

ギャンブルは一般的にあまり良く思われることはありませんが、健全にギャンブルを楽しむ分にはより人生を楽しいものにしますし、物事を論理的に考える思考や、自分をコントロール術を手にすることが出来ます。

 - 独自ギャンブル論

{yahoojp} {net-de-gamble.com} nice-myp10-gui-zd-2102